埼玉の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさんさいたま中央店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさんさいたま中央店

街の外壁塗装やさんさいたま中央店

〒338-0821

埼玉県さいたま市桜区山久保1-17-11

TEL:048-840-0555

FAX:048-840-5515

おかげさまで中央区や大宮区で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone048-840-0555

[電話受付時間] 9時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

さいたま市緑区でシーリング打換え工事のプライマー処理と打込み


シーリングを撤去したら…

シーリング撤去作業後

先日シーリングの打換え工事について取り上げさせていただいたお客様です。

写真のように、古いシーリングを取り外し終えましたら外壁が新しいシーリング材を打込む際に汚れないようにマスキングテープで保護(養生)してあげます。

マスキングテープは粘着力の弱い養生用のテープですので、糊で壁を汚してしまう心配もありませんのでご安心ください!

目地プライマー処理

テープを貼ったら直ぐに新しいシーリング材を打込んでいくのかというと、そうではないのです。

打込む前にまず、プライマーと呼ばれるシーリングのくっつきを良くする物を元々シーリングがあった箇所(目地と呼びます)に塗っていきます。これを塗ってからシーリング材を打込んであげる事で、そのシーリング材が持っている本来の性能を発揮させてあげる事が出来るのです!

プライマー自体は基本的には透明であるため、目立つことは無いですが実は重要な縁の下の力持ちだったのです。

逆にこの工程を省いてしまうと、本来であれば8年~10年ぐらい持つシーリング材がわずか4~5年で剥がれてきたり、隙間が発生したりなんてことも…。

シーリング施工後
シーリング施工後別箇所

プライマー処理が終わったらいよいよ、新しいシーリングを打込んでいきます。

上2枚の写真は打込み終わった後ですが、シーリング材はホームセンターに売っているシリコン材のような容器に入っており、それをコーキング・ガンと呼ばれる専用の道具で打込んでいきます。

打込み終わった直後は表面がでこぼこしている為、専用の道具で表面をならします。そしてならし終えたら、この写真のような状態に仕上がるというわけなのです。

新しいシーリングは真っ白(シーリング材にもいくつか色はあります)ですので、見栄えも良くて気持ちいいですよね!

 

この工事に関するお問い合わせは:048-840-0555

同じ工事を行った施工事例

同じ地域の施工事例

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ
new画像

ブログアイコン さいたま市緑区でシーリング打換えに伴うシーリング撤去工事

サイディング張りのお宅でしたらまず存在するこのシーリング部分(目地と呼びます)。そもそも、何故シーリングの打換えが必要になってくるのかと言いますと、シーリング部分と言うのは上の写真のように年数が経ってくるとヒビが入ってしまいます。 劣化が更… 続きを読む
new画像

ブログアイコン さいたま市桜区で外壁材の張替作業の様子

ベランダサイディング外壁部分に大きな亀裂が見つかったためサイディングの外壁の張り替え工事を行う事になりました。 外壁材を撤去し、清掃した後の状態。この部分に外壁材を貼っていきます。 その前にその他の外壁部分の目地部分を打ち替えておきます。古… 続きを読む
new画像

ブログアイコン 埼玉県越谷市で外壁塗装の下塗り作業の様子

外壁の出隅部分は隙間が開きやすいので、補修を行い、下地材を塗ってこのように仕上がっております。ちなみに隙間の補修は、あまりに開きすぎた隙間以外はここもシーリング材を使います。万能。シーリング剤って何?ですよね。これは柔軟性、弾力性、密封性、… 続きを読む
中央区・大宮区・浦和区・川口市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさんさいたま中央店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 9時~18時まで受付中
phone048-840-0555
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさんさいたま中央店に